中国茶、薬膳茶

  1. オーブントースターでアボガドグラタン

    アボガドの栄養価はとてもよく知られていますね。今回はアボガドのグラタンをご紹介します。

    続きを読む
  2. 野菜ジュースで血糖値コントロール

    食後の血糖値上昇を抑えるためにはまず野菜から食べましょう!ということを耳にします。しかし、毎日生野菜から食事を摂るのはちょっと・・・・でも血糖値が心配という方がいらっしゃいますね。野菜ジュースファーストがお勧めです。

    続きを読む
  3. キウイの冷製パスタ

    キウイの酸味と甘味が口の中いっぱいに広がります。。。

    続きを読む
  4. 梅雨に最適な薬膳茶

    梅の実が熟する季節ー梅雨ーですね。梅の実が黄色に熟れるため「うめの雨」➡「梅の雨」➡梅雨。この時期湿度が高くなり、蒸し暑くなってきます。そうです、湿邪と暑邪が混ざった時期です。

    続きを読む
  5. 躁うつ・いらだちにはこのお茶がおすすめ:薄荷菊花茶

    GWも過ぎそろそろ5月病でゆうつになってしまう人がいます。躁うつ・いらだちにはこのお茶がおすすめです。薄荷菊花茶薄荷と抗菊花は辛涼解表の薬膳食材ですが、肝に入ると疏肝精肝の働きもします。緑茶と一緒に飲むことで躁うつ・いらだちが改善されます。

    続きを読む
  6. のぼせ・ほてりを改善するスムージー薬膳茶

    イチゴ・バナナ・牛乳スムージー薬膳茶まだまだイチゴが美味しいですね。余ったイチゴとバナナを牛乳に入れて作りましょう!更年期障害に伴うのぼせ・ほてりを改善しましょう。

    続きを読む
  7. 春キャベツの豚平焼き風です(笑)

    春キャベツはまだまだ美味しいですね。今回は春キャベツと豚肉を一緒に料理します。

    続きを読む
  8. お茶は動脈硬化を防ぐ、コレステロール低下、血糖値抑制効果が期待できます。

    お茶は動脈硬化を防ぐ、コレステロール低下、血糖値抑制効果が期待できます。

    続きを読む
  9. 5月5日は端午の節句

    端午の節句は季節の変わり目(春から夏へ)であり、体調を崩しやすい時期です。菖蒲湯に入って健康維持!菖蒲にはアサロン、オイゲノールという精油成分が多く含まれているため血行促進や保湿、解毒、殺菌、疲労回復、腰痛、内臓強化、神経痛を和らげる等の効果が期待されています。

    続きを読む
  10. GW! 簡単に作れるおかずをご紹介します。

    GWは何かと夕食の献立を考えるのが大変ですね。そこで、簡単に作れるおかずをご紹介します。

    続きを読む
ページ上部へ戻る
Translate »