#体内時計

  1. 体内時計と朝食

    どのような朝食が体内時計をしっかりと動かしてくれるのでしょうか?それを調査した実験によると炭水化物+タンパク質がオススメです。朝食にタンパク質を摂ると夜型にずれた体内時計をリセットしてくれます。そして、筋肉に維持にも繋がります。

    続きを読む
  2. 朝食と体内時計の関係

    体内時計は親時計と子時計の2種類があることをご紹介しました。今回は朝食と体内時計の関係です。朝食が「子時計」を整え体のリズムを調整してくれます。「朝食」は英語で「ブレックファスト」この言葉には「断食を破って食べる」という意味があります。

    続きを読む
  3. 体内時計には2種類あります。

    体内時計には2種類あります。それが①「親時計」と②「子時計」です。そもそも、体内時計は24.5時間の周期で動いています。地球の1日の周期24時間と少しズレがあるわけです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る
Translate »